資産

売掛金

  勘定科目 売掛金(うりかけきん) 意義・定義 決算書の表示区分 流動資産 消費税区分 非課税 科目の対象 個人、法人 摘要 (増加取引) ・掛け売上 ・販売代金の未収分 ・売上代金の未収 ...

投資有価証券

  勘定科目 投資有価証券(とうしゆうかしょうけん) 意義・定義 投資有価証券とは、投資目的で長期間保有する株式や公社債などのことです。 具体的には、売買目的以外の有価証券、1年以内償還予定 ...

特許権

  勘定科目 特許権(とっきょけん) 意義・定義 特許権とは、特許法に基づいて登録された発明を業として一定期間、排他的・独占的に使用できる権利のことをいいます。 決算書の表示区分 無形固定資 ...

建物附属設備

  勘定科目 建物附属設備(たてものふぞくせつび) 意義・定義 建物附属設備とは、給排水設備や電気設備などの建物と一体となって機能し、建物の価値を高める設備のことをいいます。 決算書の表示区 ...

現金

  勘定科目 現金(げんきん) 意義・定義 現金とは、通貨(お金)と通貨代用証券のことをいいます。 決算書の表示区分 流動資産 消費税区分 対象外 科目の対象 個人、法人 摘要 (増加取引) ...

建物

  勘定科目 建物(たてもの) 意義・定義 建物とは、事業で使用するために所有している事務所、店舗、工場、倉庫などのことをいいます。 決算書の表示区分 固定資産 消費税区分 課税 科目の対象 ...

© 2021 勘定科目・仕訳ナビ