短期貸付金

勘定科目 短期貸付金(たんきかしつけきん)
英語 Loans receivable
意義・定義 短期貸付金とは、決算日の翌日から1年以内に回収期限(返済期限)が到来する金融機関、取引先、親会社、関連会社、役員等に対する貸付金のことをいいます。
決算書の表示区分 流動資産
消費税区分 対象外
科目の対象 個人、法人

 

ポイント

決算日の翌日から1年を超えて回収期限(返済期限)が到来する貸付金は、「長期貸付金」に該当します。

この基準のことをワン・イヤー・ルール(1年基準)といいます。

 

摘要

増加取引

・取引先への貸付金 ・関係会社への貸付金 ・個人への貸付金

・役員への貸付金 ・従業員への貸付金 ・親会社への貸付金

・子会社への貸付金 ・住宅資金金融 ・1年以内返済予定の貸付

・手形貸付金 ・立替金の振替 ・長期貸付金の振替

 

減少取引

・貸付金の回収 ・長期貸付金の振替

 

仕訳例

具体例1

取引先に現金300,000円を貸し付けた。なお、貸付期間は6ヶ月、利息は1%の後払いである。

借方 金額 貸方 金額 摘要
貸付金 300,000 現金 300,000 取引先への貸付金

 

具体例2

取引先に貸し付けた短期貸付金300,000円と利息1,500円が普通預金口座に振り込まれた。

借方 金額 貸方 金額 摘要
普通預金 301,500 ※1 短期貸付金 300,000 貸付金の回収
受取利息 1,500 貸付金の利息受取り

※1 短期貸付金300,000円+受取利息1,500円=301,500円

-流動資産

© 2021 勘定科目・仕訳ナビ