小口現金

勘定科目 小口現金(こぐちげんきん)
英語 Petty cash
意義・定義 小口現金とは、日常業務での少額の支払いのために、通常の現金とは別に管理されている現金のことをいいます。
決算書の表示区分 流動資産
消費税区分 対象外
科目の対象 個人、法人

 

摘要

増加取引

・現金からの補給 ・現金からの振替 ・預金からの補給

・預金からの振替 ・定額資金前渡制度 ・不定額資金前渡制度

 

減少取引

・経費の支払い ・小口経費の支払い ・現金への振替

 

ポイント

小口現金の管理方法には、 定額資金前渡制度(インプレスト・システム)と随時補給制度があります。
補給するタイミングと金額が違うのがポイントです。

  • 定額資金前渡制度は、一定期間(1ヵ月が多い)に使用する必要額を用度係に前払しておき、用度係から報告を受けた金額と同額だけ資金を補給します。資金の補給時期は、一定期間の末日補給と初日補給の2つの場合があります。
  • 随時補給制度は、一定期間の末日補給と初日補給ではなく、必要に応じて資金の補給する方法です。

 

仕訳例

具体例1 定額資金前渡制度(末日補給制)

(1) 4月30日に用度係より下記の4月中の小口現金の支払い報告を受け、現金の補給を行った。なお、当社は小口現金の補給について末日補給制を採用している。

旅費交通費25,000円、通信費12,000円、消耗品費4,000円、雑費6,000円

 

➀ 報告を受けた時の仕訳

借方 金額 貸方 金額
旅費交通費 25,000  小口現金 47,000
通信費 12,000
消耗品費 4,000
雑費 6,000

 

➁ 小口現金の補給時の仕訳

借方 金額 貸方 金額
小口現金 47,000  現金 47,000

 

具体例2 定額資金前渡制度(初日補給制)

(1) 4月30日に用度係より下記の4月中の小口現金の支払い報告を受けた。なお、当社は小口現金の補給について初日補給制を採用している。

旅費交通費25,000円、通信費12,000円、消耗品費4,000円、雑費6,000円

➀ 報告を受けた時の仕訳

借方 金額 貸方 金額
旅費交通費 25,000  小口現金 47,000
通信費 12,000
消耗品費 4,000
雑費 6,000

 

(2) 5月1日に小口現金の補給を現金で行った。
➀ 小口現金の補給時の仕訳

借方 金額 貸方 金額
小口現金 47,000  現金 47,000

-流動資産, 資産

© 2021 勘定科目・仕訳ナビ