受取利息

 

勘定科目 受取利息(うけとりりそく)
意義・定義 受取利息とは、普通預金や郵便貯金などの利息や貸付金の利息、有価証券の利息のことをいいます。
決算書の表示区分 営業外収益
消費税区分 非課税
科目の対象 法人
摘要 ・利息の受取 ・利子の受取 ・普通預金利息 ・郵便貯金利息

・有価証券利息 ・貸付金利息 ・定期預金利息 ・満期利息

・書換利息 ・金融債利息 ・通知預金利息 ・保証金利息

・解約時利息 ・社債利息 ・国債利息 ・未収利息

ポイント ・有価証券利息を「受取利息」勘定に含めて計上することもできますが、「有価証券利息」勘定と「受取利息」勘定に区別して計上する場合の方が多いです。

・受取利息は、受取配当金と合算して「受取利息配当金」という勘定科目を使用する場合もあります。

・個人事業主の場合、銀行等の預金利息は事業所得ではなく利子所得として扱うため、「事業主借」勘定で処理します。「受取利息」勘定は使用しません。

 

仕訳例

具体例1

取引先に対する貸付金の利息1,000円が普通預金に振り込まれた。

借方 金額 貸方 金額
普通預金 1,000 受取利息 1,000

 

-収益

© 2021 勘定科目・仕訳ナビ