建物附属設備

 

勘定科目 建物附属設備(たてものふぞくせつび)
意義・定義 建物附属設備とは、給排水設備や電気設備などの建物と一体となって機能し、建物の価値を高める設備のことをいいます。
決算書の表示区分 有形固定資産
消費税区分 課税
科目の対象 個人、法人
摘要 ・給排水設備 ・照明設備 ・電気設備 ・冷暖房設備 ・空調設備

・ガス設備 ・ガス配管設備 ・防犯設備 ・セキュリティー設備

・衛生設備 ・排煙設備 ・禁煙ルーム設備 ・オール電化設備

・日よけ設備 ・避難設備 ・防音設備 ・消火設備 ・火災報知機

・ボイラー設備 ・カーテン ・エアーカーテン ・ブラインド

・通風設備 ・昇降機設備 ・エレベーター ・エスカレーター

・風除室 ・パーテーション設備 ・間仕切り ・太陽光設備

・風力発電設備 ・自動ドア ・ドアー自動開閉設備 ・アーケード

・建物附属設備の減価償却 ・建物附属設備の除却 ・建物附属設備の売却

・建物附属設備の廃棄 ・科目振替

ポイント 建物附属設備は、建物と同時に取得した場合でも耐用年数が異なるため、建物と区別して計上します。なお、貸借対照表上は「建物」に含めて表示します。

 

仕訳例

具体例1

給排水設備を10,000円で購入し、代金は現金で支払った。

借方 金額 貸方 金額
建物附属設備 10,000 現金 10,000

 

-資産

© 2021 勘定科目・仕訳ナビ