荷造運賃

 

勘定科目

荷造運賃(にづくりうんちん)

意義・定義 荷造運賃とは、商品の発送に伴う運送代や梱包費用などを処理する勘定科目です。

荷造運送費や荷造発送費といった勘定科目で処理する会社もあります。

決算書の表示区分 販売費及び一般管理費
消費税区分

・国内の運送費用は消費税の課税仕入れとなる。

・EMSなどの海外への輸送は消費税の対象外となる。

科目の対象 個人、法人
摘要 (増加取引)

・梱包費用 ・梱包用材料 ・包装材料 ・段ボール箱

・紙箱 ・木箱 ・ポリ袋 ・発泡スチロール

・結束バンド ・ひも代 ・テープ代 ・ガムテープ代

・荷札 ・パッキングケース ・エアキャップ

・エアクッション ・保護資材 ・宅配便 ・発送運賃

・着払運賃 ・運送会社支払 ・船舶便 ・航空便

・バイク便 ・郵便小包料金 ・倉庫代 ・トラック便運賃

・コンテナ代 ・輸出関係手数料 ・EMS ・国際郵便

 

(減少取引)

・家事費振替 ・科目振替

 

仕訳例

具体例1

商品を発送するためにダンボール箱を1,000円分を現金で購入した。

借方 金額 貸方 金額
荷造運賃 1,000 現金 1,000

 

具体例2

商品を得意先に発送し、運送費2,000円を現金で支払った。

借方 金額 貸方 金額
荷造運賃 2,000 現金 2,000

-費用

© 2021 勘定科目・仕訳ナビ