支払手形

 

勘定科目 支払手形(しはらいてがた)
意義・定義 支払手形とは、仕入先との通常の営業取引で、支払いのために約束手形を振り出したり、為替手形を引き受けたりしたときに発生する手形債務のことをいいます。
決算書の表示区分 流動負債
消費税区分 対象外
科目の対象 個人、法人
摘要 ・手形仕入 ・手形による支払い ・手形による買掛金決済

・為替手形の引き受け ・約束手形の振替 ・振出手形の差替

・手形の更改 ・手形借入金 ・約束手形の振り出し

・金融手形の振り出し ・融通手形の振り出し ・設備手形の振り出し

 

 

仕訳例

具体例1

買掛金の決済として、約束手形100,000円を振り出した。

借方 金額 貸方 金額
買掛金 100,000 支払手形 100,000

 

-負債

© 2021 勘定科目・仕訳ナビ