現金

 

勘定科目 現金(げんきん)
意義・定義 現金とは、通貨(お金)と通貨代用証券のことをいいます。
決算書の表示区分 流動資産
消費税区分 対象外
科目の対象 個人、法人
摘要 (増加取引)

・現金売上 ・売掛金回収 ・債権回収 ・立替金回収

・貸付金回収 ・債務の支払い ・仮払金の精算 ・現金入金

・預金引き出し ・預金への預け入れ ・期日取立入金

・国内通貨 ・外貨 ・外国通貨紙幣 ・各種固定資産の売却

・経費の支払い ・預金手形 ・他人振出小切手

・他人振出しの当座小切手 ・送金小切手 ・送金為替手形

・郵便為替証書 ・振替貯金払出証書 ・配当金領収書

・期限到来公社債利札 ・官公庁支払命令書 ・地域振興券

・地域商品券 ・トラベラーズチェック

 

(減少取引)

・現金出金 ・現金支払い ・現金預け入れ ・代金支払い

・代金前払い ・各種固定資産の取得 ・債務支払い

・買掛金支払い ・経費支払い ・経費前払い ・立替払い

 

 

仕訳例

具体例1

商品を売上げ、代金1,000円を現金で受け取った。

借方 金額 貸方 金額
現金 1,000 売上 1,000

 

具体例2

普通預金口座から現金50,000円を引き出し、手数料110円を支払った。

借方 金額 貸方 金額
現金 50,000 普通預金 50,110
支払手数料 110

 

-資産

© 2021 勘定科目・仕訳ナビ