雑収入

 

勘定科目 雑収入(ざっしゅうにゅう)
英語 Miscellaneous income
意義・定義 雑収入とは、営業活動以外で生じた収益のうち、他のどの勘定科目にも当てはまらないものや発生頻度が少ないもので、金額的にも重要性が低い項目を一括して処理する収入のことをいいます。
決算書の表示区分 営業外収益
消費税区分 対象外
科目の対象 個人、法人

 

 

摘要

増加取引

・現金超過 ・現金残高超過 ・現金過不足(過大) ・代理店手数料収入

・特約店手数料収入 ・保険金の受取 ・生命保険金の受取

・生命保険手数料収入 ・保険金代行手数料 ・廃材処分収入

・作業くず売却収入 ・リサイクル収入 ・デポジット収入

・自動販売機設置収入 ・賃貸収入 ・家賃収入 ・社宅家賃収入

・地代収入 ・駐車場賃貸収入 ・奨励金受取 ・報奨金受取

・助成金受取 ・補助金受取 ・損害賠償金受取 ・源泉所得税還付金受取

・利子割還付金受取 ・還付加算金受取 ・消費税差額(差益)

 

減少取引

・取消 ・修正 ・科目振替

 

仕訳例

具体例1

決算日に現金を確認したところ、現金出納帳残高100,000円だったが、現金の実際残高は100,500円だった。
超過額の原因を調べたが不明だった。

借方 金額 貸方 金額 摘要
現金 500 現金 500 現金超過

 

-営業外収益

© 2021 勘定科目・仕訳ナビ