建物

 

勘定科目 建物(たてもの)
意義・定義 建物とは、事業で使用するために所有している事務所、店舗、工場、倉庫などのことをいいます。
決算書の表示区分 固定資産
消費税区分 課税
科目の対象 個人、法人
摘要

・本店 ・本社 ・支店 ・支社 ・工場 ・店舗 ・営業所

・事業所 ・事務所 ・自社ビル ・建物購入代金 ・建物取得費用

・造作費用 ・建築関連諸費用 ・立退料  ・建物仲介手数料

・社宅 ・倉庫 ・車庫 ・マンション ・ゲストハウス ・寮建物

・寄宿舎 ・宿泊施設 ・療養所 ・体育館 ・研修所 ・研究所

・建物仮勘定振替 ・貸与建物

 

 

仕訳例

具体例1

店舗用建物を3,000,000円で購入し、諸費用230,000円(仲介手数料100,000円、固定資産税精算金10,000円、司法書士への登記手数料80,000円、登録免許税40,000円)とともに普通預金口座より振り込んだ。

借方 金額 貸方 金額
建物 3,110,000 *1 普通預金 3,230,000 *4
支払手数料 80,000 *2
租税公課 40,000 *3

*1 店舗用建物3,000,000円+仲介手数料100,000円+固定資産税精算金10,000円=3,110,000円

*2 司法書士への登録手数料80,000円

*3 登録免許税40,000円

*4 店舗用建物3,000,000円+諸費用230,000円=3,230,000円

-資産

© 2021 勘定科目・仕訳ナビ