支払利息

 

勘定科目 支払利息(しはらいりそく)
意義・定義 支払利息とは、金融機関等からの借入金などに対して支払う利息のことをいいます。
決算書の表示区分 営業費用
消費税区分 非課税
科目の対象 個人、法人
摘要 (増加取引)

・借入金利息 ・信用保証料 ・利息の支払い

・ローン利息支払い ・科目振替 ・前払利息

 

(減少取引)

・前払い分振替 ・期限前弁済 ・科目振替

ポイント 支払利息と手形の割引料(手形売却損)をまとめて、「支払利息割引料」という勘定科目で処理する場合もあります。

 

仕訳例

具体例1

支払利息1,000円を普通預金口座から振り込んだ。

借方 金額 貸方 金額
支払利息 1,000 普通預金 1,000

 

-営業外費用

© 2021 勘定科目・仕訳ナビ