特許権

 

勘定科目 特許権(とっきょけん)
意義・定義 特許権とは、特許法に基づいて登録された発明を業として一定期間、排他的・独占的に使用できる権利のことをいいます。
決算書の表示区分 無形固定資産
消費税区分 対象外
科目の対象 個人、法人
摘要 ・特許料 ・特許権購入 ・特許の登録 ・特許登録料

・特許権出願料 ・特許権の売却 ・特許権償却

・電子商取引の出願  ・無形固定資産 ・ビジネスモデル特許

・研究開発費より振替

 

 

仕訳例

具体例1

特許権を取得し、登録費用100,000円を現金で支払った。

借方 金額 貸方 金額
特許権 100,000 現金 100,000

 

-資産

© 2021 勘定科目・仕訳ナビ