資本金

 

勘定科目 資本金(しほんきん)
意義・定義 資本金とは、会社設立時や増資時に出資者から払い込まれた金額のことをいいます。
決算書の表示区分 株主資本
消費税区分 対象外
科目の対象 個人、法人
摘要 ・会社設立 ・増資 ・有償増資 ・無償増資 ・減資

・欠損補填 ・剰余金の組み入れ ・新株予約権行使

・新株式申込証拠金の振替

 

仕訳例

具体例1

会社設立にあたり出資金1,000円が普通預金に振り込まれ、全額を資本に組み入れた。

借方 金額 貸方 金額
普通預金 1,000 資本金 1,000

 

具体例2

会社設立にあたり出資金1,000円が普通預金に振り込まれ、1/2を資本準備金に計上することとした。

借方 金額 貸方 金額
普通預金 1,000 資本金 500
資本準備金 500

 

-純資産

© 2021 勘定科目・仕訳ナビ