元入金

 

勘定科目 元入金(もといれきん)
英語 Capital
意義・定義 元入金とは、個人事業主の事業の元手となる資金のことをいいます。
事業を開始した翌年以降の元入金の金額は、元手となる資金と事業で獲得した利益が合計されるので、毎年変動します。
決算書の表示区分 純資産
消費税区分 対象外
科目の対象 個人
計算式 翌期首の元入金=期首の元入金+事業主借-事業主貸+当期純利益(青色申告特別控除前利益)
ポイント
  • 元入金は、年初の資産総額から負債総額を差し引いた金額。
  • 期中は変動しない。
  • 年末に「事業主貸」と「事業主借」を相殺して「元入金」に振り替える。
  • 元入金はマイナスになることもある。

 

摘要

増加取引

・開業資金の拠出 ・事業開始資金 ・個人事業資金

・事業主借と相殺 ・年度末振替

 

減少取引

・事業主貸と相殺 ・翌期首振替

 

元入金の処理のタイミング

繰越仕訳以外の仕訳をすべて入力して、確定申告用の貸借対照表と損益計算書を作成する。

元入金の繰越仕訳を行う。

翌年の帳簿に資産、負債、純資産の引き継ぎを行う。

 

仕訳例

具体例1

個人事業主が事業資金として300,000円を普通預金口座に入金し、事業を開始した。

借方 金額 貸方 金額 摘要
普通預金 300,000 元入金 300,000 事業開始資金

 

具体例2:繰越処理

下記の資料に基づき、元入金の繰越処理を行った。

 

<資料>

当期首の元入金:100,000円(貸方)

青色申告特別控除前の所得金額(損益勘定):70,000円(貸方)

事業主借:50,000円(貸方)

事業主貸:20,000円(借方)

 

借方 金額 貸方 金額 摘要
損益 70,000 元入金 70,000 年度末振替
事業主借 50,000 元入金 50,000
元入金 20,000 事業主貸 20,000

 

ココがポイント

翌期首の元入金の金額は下記のとおりです。

当期首の元入金100,000円+青色申告特別控除前の所得金額70,000円+事業主借50,000円-事業主貸20,000円=翌期首の元入金200,000円

 

-株主資本以外

© 2021 勘定科目・仕訳ナビ